食べる

飯田・虎岩にカフェレストラン 夫婦で開業、北海道味噌ラーメンなど提供

立花尚美さんと輝彦さん夫婦

立花尚美さんと輝彦さん夫婦

  • 24

  •  

 カフェレストラン「ツインビーテラスひさかた」(飯田市虎岩、TEL 080-3250-2738)が5月17日、中央自動車道の飯田インターチェンジから車で15分の場所にオープンする。

「北海道 味噌(みそ)ラーメン」(900円)

[広告]

 天竜川西側に位置する同施設内の、風越山(かざこしやま)や同市内を望める見晴らしのいい空間をレストランにした。お薦めメニューは「北海道味噌(みそ)ラーメン」(900円)で、中太の縮れ麺に絡む濃厚スープに仕上げる。

 同市でロボット教室を経営する立花輝彦さんと書道教室主宰の立花尚美さん夫婦が経営する。北海道旭川市出身の尚美さんは「観光用ではなく、北海道育ちの人が日常で食べる本場の味。ぜひ味わってほしい」と紹介する。ラーメンは「しょうゆ」「しお」(以上850円)をそろえ、食事メニューはその他に、ご飯とみそ汁をセットにする「ハンバーグ」「唐揚げ」、パスタやミックスピザなどを提供する。

 ドリンクは12種類以上を用意し、コーヒーは自家焙煎(ばいせん)専門店「カフェセラード」(中川村)の豆を使う。注文を受けてから豆をひく「ブレンドコーヒー」(450円)の他、「プレスコーヒー」はマンデリン、コロンビア、グアテマラ(以上600円)の3種類をそろえる。

 同施設は旧「天望閣ひさかた温泉」を名古屋市守山区の「しらかばの森」が取得し、3年ほど前に改修を始め、レストランやレンタルルームを立ち上げた。施設の屋内外へ、同社が所有する立体造形や絵画などの美術作品を展示する。同社では、「資金はなくても、やる気のある」地元住民を探す中で、共通の知人が橋渡しとなって輝彦さん・尚美さんと知り合い声をかけたという。

 「飯田の人に北海道の本当の味を食べてほしい」と思っていた尚美さんと、「いつの日か、レストランを開けたらいいね」と輝彦さんは話していたという。営業を決めたのは3月中旬ごろで「忙しかったが、声をかけてもらえたうれしさの方が大きかった。物事を始める時の直前の忙しさを承知している。ここからの眺望にほれてしまった。この景色があれば、何でもできると考えた」と準備から開店までを振り返る。

 2階には広さ37平方メートルの会議室、3階には広さ105平方メートルのパーティースペースなどのレンタルルームがある。「営業時間外の宴会なども受けるので相談してほしい」と輝彦さんは話す。

「目の前の道路は、今月23日の(自転車ロードレース)ツアーオブジャパンのコース。夏には、毎週末に打ち上げられる飯田の花火が見渡せる。この場所を、ぜひ楽しんでいただけたら」と来店を呼びかける。

営業時間は8時~16時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース