買う

飯田・駄科にメダカ専門店「たのし屋」趣味が高じて出店

駄科の交差点付近にある店

駄科の交差点付近にある店

  • 22

  •  

 メダカ販売の「たのし屋」(飯田市駄科)がオープンして、6月18日で1カ月がたった。

背が青みがかったシルバーに輝く「ミユキフルボディ」

[広告]

 店主の代田さんは、冬は焼き芋の移動販売を営む。夏は焼き芋の需要がないため、メダカの販売を始めたという。15年前から趣味でメダカを飼い始め繁殖なども行う中、販売ができるようになるまで腕を磨いて来た。代田さんは「熱帯魚の飼育やビーシュリンプの繁殖なども挑戦してきたが、メダカは手軽でいい」と話す。

 同店の庭には繁殖用のコンテナがズラリと並び、一角に販売用の小屋を構える。メダカの品種は500種類以上あるとされるが、同店は10種類ほどを扱う。中でも「ミユキフルボディ」は背中が青みがかったシルバーに輝く品種で人気だという。そのほか「楊貴妃」「夜桜」「王華」「オロチ」などの品種を販売する。価格は品種により1匹100円~600円程度。

 家庭で飼育するには、「屋外のビオトープなどで水温30℃以下、日光が当たる環境がいい」と代田さん。「自然に触れ合ういい機会なので、メダカを飼って自然を学んでもらえれば」と呼びかける。

 営業は土曜・日曜の11時~17時。10月くらいまでの営業予定。冬は焼き芋販売を行い、来春には営業を再開する予定。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース