見る・遊ぶ

飯田・風越山麓公園のハナモモが見頃

作業を終えた風越山麓公園管理委員会のメンバー

作業を終えた風越山麓公園管理委員会のメンバー

  • 16

  •  

 風越山麓公園(飯田市丸山町)のハナモモの花が現在、見頃を迎えている。

2024年4月19日撮影

[広告]

 現在は、4人から成る同園管理委員会が飯田市から委託を受け整備を行っている同園。敷地の一部に植えたハナモモが見頃を迎え、ピンクや白の花を色鮮やかに咲かせている。同委員会の伊藤清さんは「市街地より標高が高いので、市街地で見頃を迎えた後、1週間から10日ほどで見頃を迎える」と、ハナモモの咲く時期を紹介する。

 同園の駐車場の標高は約650メートルで、そこから坂道を上るように、芝生の広場や遊具置き場などの敷地が広がる。伊藤さんは「ここ1週間の気候が良く、花が咲きそろった。ゴールデンウイークの頃まで見頃。ぜひ見に来てほしい」と来園を呼びかける。

 大型連休や夏休みなど、子どもたちが公園を訪れる時期以外の月曜・水曜・金曜の午前に活動する同委員会。雪のある季節を除く4月~11月、山の整備、ツバキやツツジなどの植木の剪定(せんてい)~草刈り、芝生の刈り込みのほか、遊具周りの清掃や落ち葉拾いなど、作業の流れは季節ごとにおおむね決まっているという。

 前任者から引き継いで40年ほど活動を続けているという伊藤さんは「市内の園児たちが繰り返し遊びに訪れに来てくれてうれしい」と目を細める。「木立がうっそうとせず見通しが良いように、それでいて緑の木陰が適度にできるよう整備する。昨年もハナモモを20本ほど植樹した。皆さんが心地良いと思ってくれる公園整備を、皆で無理せずに長く続けていきたい」と話す。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース