買う

飯田のイラスト書道家・和全さんが個展 思い入れの深い作品を年代ごと展示

過去の書道パフォーマンスの様子

過去の書道パフォーマンスの様子

  • 21

  •  

 飯田市三穂在住のイラスト書道家、和全さんによる個展「THE  BEST」が6月28日~7月2日の5日間、飯田創造館(飯田市小伝馬町)で開かれる。

過去の書道パフォーマンスの様子

[広告]

 8歳で書道を始め、大学では教育学部書道科で書道の先生になるための勉強をしていた和全さん。卒業後はいったん書道から離れ、東京の出版社に就職。主に本の挿絵を描くイラストレーターとして仕事をしていたが、2015(平成27)年、ニューヨークでのギャラリー展にイラストと書道を組み合わせた作品を出品したのがきっかけで、本格的にイラスト書道の作品を作り始めたという。

 2017(平成29年)にニューヨークのギャラリー展で1位になったのを機に独立。「オリジナリティー高い作品は、国内をはじめ、パリやロンドン、スイス、ドバイなど海外でも評判が良く、イラストと書道を短時間で書き上げるパフォーマンスも好評」だという。このほか、長野県内の企業やイベントとコラボした作品も多数手がけている。

 「見たことない書道」をテーマに作品を制作し今年で10年目。改めて10年分の作品を見てもらう機会を設けようと思い今回の個展を企画。期間中は、2015(平成27)年の作品をはじめ思い入れの深い作品を年代ごとに約40点を並べるほか、筆のみを使い描いた新作で、バイクの「BMW R nine T(アール・ナイン・ティー)」の100周年モデルのイラストも展示する。

 普段は、市内製造会社のロビーに展示しているため見る機会がほとんどない、縦1メートル×横2メートルのキャンバスに描かれた「竜」の作品も披露する。和全さんは「今回の個展のために特別に展示する。めったに見られないので、ぜひ足を運んでほしい」と呼びかける。

 開催時間は9時~17時。最終日は14時まで。入場無料。30日14時~15時は、ギャラリートークとパフォーマンスを開く。期間中、グッズも販売

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース